採用に必要な基本のTODOやっていますか

採用を促進するためにWEBサイトを活用しようと考える人は大勢います。しかし、WEBサイトを作っただけでは誰にも見てもらえませんし、そもそも人に見てもらわなければ作った意味をなしません。採用では、いかに人と接する機会を増やすかという施策を考えることが重要です。

中小企業がWEBサイトで魅力を伝えて採用を増やす方法

就職希望者に、自社の魅力を伝えるための、もっとも重要かつ基本となる情報発信場所が自社の採用ページです。そうした観点から、採用ページを有効に活用する手段の検討や、構築に取り組むことができていますか?
イケてる採用ページがあるかないか、活用できているかによって、採用の成否に大きく影響を及ぼします。採用戦略を立案する際には必ず自社の採用ページの活用を検討するようにしましょう。

社員インタビューページはテキストと動画のどちらが効果的か

求人ページの制作を検討中の方から質問をいただきました。

社員のインタビューを動画で掲載する会社さんをよく見かけます。動画でインタビューを掲載したほうが、応募率が上がるのですか?動画で伝えられることやできることって何でしょうか?動画の良さを知りたいです。

自社サイトに求人ページを作る理由

求人ページの制作を検討中の方から質問をいただきました。

最近、自社サイト内にしっかりとした求人ページを作っている会社さんを見かけるのですが、リクナビやマイナビに求人広告を載せるのとどう違いますか?メリットやデメリットを教えてください。

【WEB担当 劉備さん】第二回 桃園の誓い

優秀なWEB制作会社、孔明を得た劉備。
早速二人はサイト改善の打ち合わせを始めたのだった。

「それでは劉備殿、まずはどこから手をつけてまいりましょうか。御社の最大の悩みをお聞かせください」
「それなのだが、実は人財不足に悩んでいる」
「人財……でございますか」

100人に聞いた!求人企業への応募、企業WEBサイトのドコを見るの?

就職や転職をするとなれば、求人情報をくまなく見て、これから仕事をする自分の未来を思い描きますよね。よりリアルな事業内容や企業風土をチェックしたい応募者は、企業のWEBサイトを参考にします。

そこで、求職者のかたが企業サイトのどんな情報を見ながら検討するのか、アンケートで調査しました。

「WEB販促の窓口」は御社に最適なWEB制作会社を無料でお探しします 詳しく見る