自社のECサイト立ち上げ時に注意すべきこと

雑貨店様から、自社のECサイト立ち上げについての質問をいただきました。


北欧雑貨を扱うショップをやっています。
実店舗が軌道に乗ってきたので、ネットでの展開を考えるようになりました。
楽天などの大手モールへ出店するか、自分でECサイトを立ち上げるか、どちらで商品を売っていくか迷っています。
商品のテイストを考えると自社でサイトを立ち上げたいところですが、自分で運営する場合、どのようなサイトを作れば集客が見込めるのでしょうか。

自社ロゴデザインもWEB制作会社に依頼できる?

手作り革バッグオーナー様より、店舗ロゴデザイン制作依頼について質問をいただきました。

手作り革バッグのネットショップの立ち上げを考えています。ネットショップのデザインと合わせて、ショップのロゴも作りたいのですが、WEB制作会社さんにロゴデザインの依頼はできますか?またロゴ制作の料金相場を教えてください。

ますます必要性が高まるWEBブランディング事例!3ステップで進めよう!

多くの情報がパソコンやスマートフォンで瞬時に入手できるようになった現代においては、サービスや商品を利用の判断をする前にインターネット上で比較をされることが多くあります。

このように販売するのが簡単にはいかない状況下において、お客様に自社を利用してもらうためにはWEBサイトを積極的に活用するWEBブランディングが有効な手段です。

それでは、お客様の心をがっちりと掴むためのWEBブランディングはどのようにして進めていけば良いのでしょうか。

中小企業ブランディング-WEBブランディングは「らしさ」の再発見

その「らしさ」は思い込みではないか?

 
ブランドとは、その企業や商品の「らしさ」である
これはこの連載の第一回目にお話した内容ですね。

「らしさ」をつきつめて考えると「当社はこういう会社です」という社内外への“自己表明”に他なりません。それだけに、その自己表明が第三者から見てあまりにもかけ離れたものだった場合「らしさ」は一転して「らしくない」ことになってしまいます。

今日からはじめる!中小企業ブランディング-ユーザーをファンへと育てる

「知る」のち「好き」へ

メディア環境の変化により、現代は情報過多の時代といわれています。
いまやユーザーはTV、雑誌、新聞、PC、スマホ、ゲームなどあらゆるメディア、あらゆるチャネルから情報を入手することができます。しかしひとりのユーザーが受け入れられる情報のキャパは有限。そこで取捨選択が行われることになるのですが、その基準のひとつに好みの問題があります。


 


つまり好きか、嫌いか。

今日からはじめる!中小企業ブランディング-WEBとブランディング

そもそもブランドって何?

ブランド、と聞いてあなたが最初に思い浮かべるものは、何でしょうか。

シャネルやルイ・ヴィトンのような海外の高級ブランド?
それとも肉や魚、米などの食品に冠されたご当地ブランド?
それとも…?

「WEB販促の窓口」は御社に最適なWEB制作会社を無料でお探しします 詳しく見る