入力フォームを最適化(EFO)するための予算感は?

愛知で学習塾をチェーン展開されている会社様より、入力フォーム最適化するための予算感について質問をいただきました。

愛知で学習塾チェーンを経営しています。年間で100〜150万円程度を検索広告に割いてます。最近、入力フォーム最適化(EFO)という考え方を知りました。コンバージョンが上がれば、その分、売上増もしくは広告予算抑制につながるので、魅力的なコンセプトのように見えます。多少の費用をかけてでも申し込みフォームをリニューアルして最適化するべきでしょうか?

ランディングページの直帰率を下げる方法とは?

美容サロンのWEBマーケティング担当者様から、ランディングページの直帰率を下げる改善方法について質問をいただきました。

某美容系サロンのWEBマーケティングを担当しています。Google Analyticsの直帰率を見ていると75%と非常に高いです。直帰率が高くなる原因とその改善方法を教えてください。

EFO(エントリーフォーム最適化)のポイントは?

美容サロンのWEBマーケティング担当者様から、エントリーフォームの離脱率を下げるための改善ポイントについて質問をいただきました。

Google Analyticsを見ていると、エントリーフォームでの離脱率が高いことがわかりました。
ユーザーが使いやすいエントリーフォームの改善ポイントがありましたら教えてください。

WEBサイトで売上を得るために設定すべきゴールとは

会社は利益を得るために活動していますから、会社の設置するWEBサイトも「売上」をゴールとするのは当然のことでしょう。しかし、WEBサイトを自社の売上げに結びつけることは、決して容易なことではありません。実際「自社のサイトを設置したのに、ちっとも売上に結びつかない」ということは、多くの会社の悩みの種です。そうだとすれば、WEBサイトについては、「売上」以前に、設置すべきゴールがあるということになりそうです。

3ステップで見込み顧客を購買顧客に!サイト訪問者を逃さない重要な行動心理学

WEB担当者さん、運営サイトのユーザー訪問数がようやく増えてきたのに、肝心のコンバージョンに繋がらない・・・と嘆いていませんか。
検索結果でタイトルに興味を持って訪問したユーザーが、「イメージと違う」「理解しにくい」「信用できない」などの理由で立ち去ってしまっている可能性はありませんか。

商品のよいイメージを印象づけ、コンバージョンに繋げるために行動心理学が役立ちます

他社と差別化し、印象に残るWEBサイトを制作するための方法とは

「他社との差別化」これは、どんなビジネスにも共通する最重要課題の一つです。当然、WEBサイトにおいても、極めて重要です。他社と差別化し、印象に残るWEBサイトを制作するための方法について、紹介しましょう。

「コンバージョン」正しく理解していますか?施策の効果を可視化し、サイトを改善していこう

WEBサイトの運用やマーケティングに携わっている担当者なら、誰もが当たり前のように接する言葉「コンバージョン」。WEBサイトの全体像や広告などの施策の費用対効果を明らかにする重要な指標です。

コンバージョンを正しく定義することで、コスト投下の改善に役立ち、集客や売上をアップさせることが可能になります。ぜひ、コンバージョンを正しく理解し、効果的な施策を継続してビジネスに直結するサイトに改善していきましょう。

「WEB販促の窓口」は御社に最適なWEB制作会社を無料でお探しします 詳しく見る