コンテンツマーケティングのライターは、業界に精通している必要がある?

健康食品のWEBショップ担当者様から、コンテンツマーケティング記事を依頼する際のライター業界専門知識の有無について質問をいただきました。

787ccddcba0f1f45d3013509a00177f2_s.jpg

健康食品のWEBショップを運営しています。コンテンツマーケティングは自社社員で対応していますが、外注も検討しています。業界に精通しているライターと、価格を抑えたライターに、当社の商品を学んでもらっての記事作成と、どちらが良いのでしょうか。

株式会社 World Wide System 伊吹氏からの回答です。

コンテンツマーケティングによってエンゲージメントを高めることが重要なので、どのような内容が顧客のエンゲージメントを高めるのか、ということを最初に検討してみてはいかがでしょうか。
具体的にはペルソナ(顧客層のイメージ)を設定し、そのペルソナが商品に関心・認知してから購買に結びつくまでの一連の流れ(カスタマージャーニー)を想定して、顧客がどのような情報に触れたとき次のフェーズに移るか、という点を検討してみることです。
※顧客との各タッチポイント(接点)の中でのブログの立ち位置も明確にしておく必要はあります。

その結果、商品についてより深く、より具体的で、専門的な情報に触れる場合に一番効果が見られそうであれば、専門的なライターにお願いした方が良いです。
逆に、商品の専門的な情報から少し目線を外した情報の方が顧客を引き付けて次のフェーズに移りそうであれば、必ずしも専門知識を要する必要はないと思います。

予算次第という見方ももちろんあるかもしれませんが、先に顧客目線で検討した方がよいと考えています。

Creative Flake 川島氏からの回答です。

業界に詳しいライターさんや、プロのライターさんが書く記事の特徴は「読みやすさ」にあります。
起承転結がしっかりとまとまっていて、テンポよく読むことができます。
また、プロのライターさんであれば、SEOも考慮した文字の選び方や表現もできる方も多くいらっしゃいます。

では、読者として、どんな文章を読みたいか、あるいは心に残るか考えてみてください。

昨今の情報化社会の中で読者は、「もっとおもしろい内容」を、「知らなかったー!!となる内容」を求めるようになっています。

そういった文章を書けるライターさんと言えば、その分野に興味のある人、その分野が大好きな人が最適だと考えています。
それが結果として、長く継続して記事を書いてくれる関係にもつながります。

いかがでしたか。
ライターにコンテンツマーケティング記事を依頼する前に、ユーザーがどういった情報を必要としているかを検討してみましょう。ユーザーが必要としてる情報には徹底した専門知識が必要か、その分野に強い興味を持ち、ユーザーに共感体験をしてもらうことが必要か。ユーザーの求める内容によっては、強い専門性は必要としない場合もあります。

サイト制作のご相談、制作会社をお探しの方は、お気軽にWEB販促の窓口のスタッフまでご相談下さい。

 

「WEB販促の窓口」は御社に最適なWEB制作会社を無料でお探しします 詳しく見る