税理士事務所のホームページ制作のポイントは?

税理士事務所様から、自社サイト制作についての質問をいただきました。

7K0A0116.jpg


新しく税理士事務所を立ち上げるにあたり、事務所のホームページを制作しようと思っています。
たくさんのホームページ制作業者がありますが、どのようなところをポイントに選定すればいいですか?

株式会社ほむぺじの中山氏からの回答です。

確かにホームページ制作会社はたくさんあります。値段もさまざまですし、ジャンルや業種によって得意・不得意などもあると思います。また最近では、知識があまりない方でも簡単にホームページの更新ができる、CMSと呼ばれるシステムを扱うホームページ会社もあります。

まずはコンセプトやホームページを作る目的、見せるターゲットなど(場合によってはご予算なども)をしっかり決めてから制作会社にお話しいただいて、制作会社から提案をもらうのが一番かと思います。必ずぴったりの提案をしてくれる制作会社が出てくるでしょう。

株式会社ホワイトボード 楠氏からの回答です。

特殊な業界ですね。税理士事務所ですと「管理会計方式を導入したい」というニーズから「記帳代行をやってもらいたい」というように幅の広いニーズがあると 思います。ですから、ご自分の事務所がどのような事務所を目指して開所されるのかを明確にして、制作会社にお伝えになるのが良いでしょう。その上で、提案 や実績を元に「相性」が合うかどうかが一番のポイントとなります。

最初の選定ポイントとしては「士業のサイトを構築したことがあるかどうか」や「業界特有の事情を理解しているか」または「ご自分の事務所の系統(例えばTKCやJDLなど)の実績があるか」などが挙げられます。最後に「税金をちゃんと納めているか?」ですね(笑)。

いかがでしたか。
サイトの目的をしっかり決めた上で、その分野が得意な制作会社に依頼することが成功の秘訣のようですね。

「WEB販促の窓口」は御社に最適なWEB制作会社を無料でお探しします 詳しく見る