成功事例に学ぶ!動画マーケティングに乗り遅れないために

マーケティング戦略のなかで、いま最も注目されているといっても過言ではないのは動画マーケティングです。

アメリカの調査会社の報告によれば、2013年に動画マーケティングを利用している企業は90%あったという結果を示しています。

動画マーケティングを抜きにしてマーケティングを語ることはできなくなっている
これが世界のトレンドです。

このトレンドに乗り遅れないためにも、動画マーケティングの基本を押さえておきましょう。

ソーシャルメディアを最大に活用したSocial CRM成功事例

顧客データを解析してマーケティングに取り入れる「CRM(Customer Relationship Management)」は、1990年代に一世を風靡(ふうび)したものの、投資ほどの利益を生まないと判断された“古い”手法でした。ところが、ソーシャルメディア全盛の今、CRMが新たに見直されています。

今回は、生まれ変わった「Social CRM」のメリットや国内外での成功事例について紹介します。

中小企業ブランディング-WEBブランディングは「らしさ」の再発見

その「らしさ」は思い込みではないか?

 
ブランドとは、その企業や商品の「らしさ」である
これはこの連載の第一回目にお話した内容ですね。

「らしさ」をつきつめて考えると「当社はこういう会社です」という社内外への“自己表明”に他なりません。それだけに、その自己表明が第三者から見てあまりにもかけ離れたものだった場合「らしさ」は一転して「らしくない」ことになってしまいます。

今日からはじめる!中小企業ブランディング-ユーザーをファンへと育てる

「知る」のち「好き」へ

メディア環境の変化により、現代は情報過多の時代といわれています。
いまやユーザーはTV、雑誌、新聞、PC、スマホ、ゲームなどあらゆるメディア、あらゆるチャネルから情報を入手することができます。しかしひとりのユーザーが受け入れられる情報のキャパは有限。そこで取捨選択が行われることになるのですが、その基準のひとつに好みの問題があります。


 


つまり好きか、嫌いか。

今日からはじめる!中小企業ブランディング-WEBとブランディング

そもそもブランドって何?

ブランド、と聞いてあなたが最初に思い浮かべるものは、何でしょうか。

シャネルやルイ・ヴィトンのような海外の高級ブランド?
それとも肉や魚、米などの食品に冠されたご当地ブランド?
それとも…?

企業サイトの外国語対応が業績に反映する時代

多くの企業が海外へと進出する中で、企業をアピールするパンフレットや営業資料は外国語対応をしても、ホームページはまだ日本語のみ、という企業も少なくないようです。自社の商品やサービスを広く理解してもらうためには、最低でも英語版の用意が望まれるところですが、手一杯で先延ばしにしていたりする現状があるようです。そろそろ対応をはじめましょう。

企業ホームページのグローバル対応(多国語対応)は一体どのように進めれば良いかについて、ご案内します。

EC-CUBEの導入はどんな会社が向いている?


ネットショップの運営に着手する企業の注目を集めているEC-CUBEは、無料でダウンロードできて維持コストが安く、好みに応じたカスタマイズができるなど自由度が高い、といったメリットがあります。ただし細かなアレンジが効く分、カスタマイズ方法やサーバ選定など選択と設定に少々テクニックと知識がいるのも確か。

EC-CUBEはどんな企業が導入に適しているのか?
売上アップのために何をするべきか?をカンタンにご紹介します。

WEB販促の窓口へご相談いただいた後のヒアリングではこんなことをおうかがいします

こんにちは皆さま。WEB販促の窓口です。

1:相性の合致する会社1~3社のみ
2:ニフティのスタッフが厳選したうえで
3:無料で、ご紹介&見積提案する

をサービス特長に、私たちは企業のお客様の代わりにプロの目線でWEB制作会社をご紹介しております。

今回は、この説明図の<1>の部分について、詳しくご紹介します。

行動心理学のまとめ!WEBサイトで使える10の方法を厳選してお届け!

ユーザーの心をぐっとつかむために活用できる心理学的効果を厳選しました。
商品やサービスを利用するには、様々な心理が働いたうえで行動しているものです。
お客様の行動心理を読み解いて、商売繁盛、ネットショップ売上増をめざしましょう!

さぁ、WEBサイトの行動心理学を10の実用例とともにご紹介します。

WEB担当者の選定は難しい

WEBサイトを立ち上げて運用するとき、運用する人を誰にするかを悩まれたことがありませんか。
WEBサイトは、WEB技術によって構築しますが、マーケティング対象のものでもあります。この2つの意味を持つWEBサイトを誰が担当するのかについて、考えてみましょう。

マーケティング施策を考えるうえで使いこなしたい「フレームワーク」8選

サイト管理者やマーケティング担当者は、技術的な流れや「流行り廃り」が早いといわれるWEBの世界で、適切なマーケティング施策を考えていく必要があります。その際に役立つのが「フレームワーク」(戦略フレームワーク)です。これは、論理的思考のパターンを定型化し、標準化したもので、フレームワークを使うと事象を論理的に漏れなく、構造的に捉えることが容易に可能になります。

とはいえ、実際のビジネスシーンで使うとなると、何をどう使ったらよいのかわからないという方も多いはず。


 

代表的な8つのフレームワークをピックアップし、主な活用タイミングや使い方のヒントをご紹介します。これらを活用し、戦略や施策立案の短縮化を実現していきましょう。

「WEB販促の窓口」は御社に最適なWEB制作会社を無料でお探しします 詳しく見る