B2Bコーポレートサイトのトレンド

数年前から取り組む企業が増えてきたコンテンツマーケティングですが、これはB2Cの企業にとどまらず、B2B企業でもその重要性が高まっています。そこで、今回はB2B企業におけるコンテンツマーケティングのトレンドとあり方についてご紹介します。

商品を上手に売り込もう!の行動心理学

企業サイトが売上アップとリピーター獲得を実現するためには、ユーザーにとって深く印象に残るように五感に訴えかけることが重要です。そのためには見た目のインパクトはもちろん大切ですが、ユーザーの心を揺さぶる内容であることも重要です。
そこで考えたいのが行動心理学です。サイト制作に盛り込むと効果的なユーザーの深層心理をご紹介しましょう。

3ステップで見込み顧客を購買顧客に!サイト訪問者を逃さない重要な行動心理学

WEB担当者さん、運営サイトのユーザー訪問数がようやく増えてきたのに、肝心のコンバージョンに繋がらない・・・と嘆いていませんか。
検索結果でタイトルに興味を持って訪問したユーザーが、「イメージと違う」「理解しにくい」「信用できない」などの理由で立ち去ってしまっている可能性はありませんか。

商品のよいイメージを印象づけ、コンバージョンに繋げるために行動心理学が役立ちます

サイトリニューアル成功のカギは「運用」にあり。「運用」を見据えて制作会社を選ぶポイント

リニューアルが終わり、無事公開となったWEBサイト。しかし、適切な運用をしないと、サイトへの集客や売上アップといった、サイト(リニューアル)の目的を達成することができず、せっかくの苦労が水の泡ということにもなりかねません。

そこで、「運用」にはどのような業務が含まれているのかをいま一度確認し、それらの業務をきちんと行ってリニューアルの目的を達成するには何が必要なのかを知っておきましょう。

知っておけば売上アップに繋がる!? 4つの行動心理をまとめました

ランディングページ、上手くいってますか?

企業にとって重要な最終目標はアクセス数アップや、むやみやたらなお問い合わせアップではなく、売上に結びつくお問い合わせ(場合によってお問い合わせは顧客対応もゴールに含まれますが)や商品購入などのはず。

WEBサイトのランディングページ(LP)で結果を出すために、人間がどのような心理に基づいて行動するのか、そして、顧客行動マーケティング手法として心理学をどう応用できるのかをまとめました。

【WEB担当 劉備さん】第三回 三顧の礼

WEB制作会社孔明に続き、新入社員の関羽と張飛を得た劉備は、張り切ってサイト改善を始めた。しかしなかなか効果が出ない。

「劉備殿、サイト改善は一夜にしてならず。コツコツと積み上げてまいりましょう」
「そうなのだが、今月の売上が目標にほど遠く、困っているのだ。儲けだけを考えたくはないが、このままでは会社が危ない」

他社と差別化し、印象に残るWEBサイトを制作するための方法とは

「他社との差別化」これは、どんなビジネスにも共通する最重要課題の一つです。当然、WEBサイトにおいても、極めて重要です。他社と差別化し、印象に残るWEBサイトを制作するための方法について、紹介しましょう。

WEBサイトを凄腕営業マンにさせる!サイトリニューアルのコツ

企業の「顔」ともいえるWEBサイトですが、立ち上げてからメンテナンスや更新がされていない“それっきりホームページ”は非常に多いです。しかし、WEB サイトを上手に活用することは「凄腕の営業マンを雇う」のと同じで、企業の売上への貢献に期待がもてるもの。よって、WEB サイトの更新やリニューアルは定期的に行うべきです。

せっかく多額の費用をかけて立ち上げた企業のホームページ。

できれば、リニューアルは通常の営業販促費のなかで収めたいところです。そこで、営業効果を向上させるためのWEB サイトリニューアルのコツについて解説します。

行動心理学から学ぶ!売上アップを狙うサイトの作り方

 

思うようにオンラインで売上が増加しない・・・。
という企業担当者も多いのでは?

WEBサイトを作るまではなんとかなりますが、目的を達成して結果を出すとなると、じっくり考える必要があります。なかでも人間の行動心理学を知るのはサイト制作において重要なものと言えるのです。

行動心理学の効果と使い方のテクニックをご紹介します。

100人アンケート:時間の有効活用!スマホで情報収集するのはどんな時?

手のひらにおさまるスマホは、スキマ時間でついつい使ってしまう便利ツール。

パソコンよりも利用者の近くにあるインターネットツールは、内容は濃く、かつ、手軽に読めるものが人気です。企業ウェブサイトも、スマホ閲覧に対応するほか、こういったスマホに適したコンテンツの用意が必要になっています。

【WEB担当 劉備さん】第二回 桃園の誓い

優秀なWEB制作会社、孔明を得た劉備。
早速二人はサイト改善の打ち合わせを始めたのだった。

「それでは劉備殿、まずはどこから手をつけてまいりましょうか。御社の最大の悩みをお聞かせください」
「それなのだが、実は人財不足に悩んでいる」
「人財……でございますか」

「コンバージョン」正しく理解していますか?施策の効果を可視化し、サイトを改善していこう

WEBサイトの運用やマーケティングに携わっている担当者なら、誰もが当たり前のように接する言葉「コンバージョン」。WEBサイトの全体像や広告などの施策の費用対効果を明らかにする重要な指標です。

コンバージョンを正しく定義することで、コスト投下の改善に役立ち、集客や売上をアップさせることが可能になります。ぜひ、コンバージョンを正しく理解し、効果的な施策を継続してビジネスに直結するサイトに改善していきましょう。

情報設計・見せ方でここまで変わるわかりやすさ

“WEBサイトを立ち上げているけど、訪問者が少ない”、“トップページはよく訪問されているけど、実際のサービス案内のページをほとんど見てもらえない” など、思うように利用してもらえないといったWEBサイトの悩みはありませんか。
ここでは、そんな悩みを解決すべく、利用者の満足度をあげるWEBサイトの設計のポイントについてご紹介します。

【WEB担当 劉備さん】第一回 水魚の交わり


とある中小企業で後継者として修行の日々を送る劉備。
WEBサイトの改善を思い立った劉備は困っていた。

「やりたいこと、やらなければいけないことはたくさんある。だが私にはWEBの知識がまったくないのだ。いったいどうすればよいのか……」

悩みながら検索を続ける劉備の前に「@nifty WEB販促の窓口」というサイトが現れた。

100人に聞いた!求人企業への応募、企業WEBサイトのドコを見るの?

就職や転職をするとなれば、求人情報をくまなく見て、これから仕事をする自分の未来を思い描きますよね。よりリアルな事業内容や企業風土をチェックしたい応募者は、企業のWEBサイトを参考にします。

そこで、求職者のかたが企業サイトのどんな情報を見ながら検討するのか、アンケートで調査しました。

「WEB販促の窓口」は御社に最適なWEB制作会社を無料でお探しします 詳しく見る