【レポート】2016年1月 セミナー 『実施アンケートから見えた 2016年版 中小企業が“今すぐ”とるべき WEB活用術一挙紹介!!』

実施アンケートから見えた
2016年版 中小企業が“今すぐ”とるべき WEB活用術一挙紹介!!

今や企業の「顔」として当たり前の存在になっているWEBサイト。しかし中小企業に至っては、それがあまり効果的に活用されていないのではないでしょうか。そんな実態を調査し、その原因を探りながら、それぞれの課題に応じたWEB施策と活用方法を皆さんと一緒に考えていく場として、中小企業基盤整備機構さまと共催で当サイトで初のセミナーを実施しました。

3人の講師によるセミナー及び、会場からの質問を交えたQ&A座談会、最後にWEB制作のプロフェッショナルによる無料ホームページ診断&個別相談会と盛り沢山のプログラムでお送りしたセミナー。当日の様子を運営局からレポートいたします!


開催:2016年1月14
場所:ニフティ株式会社 セミナールーム
共催:ニフティ株式会社・中小企業基盤整備機構
司会:ニフティ株式会社 SMB事業推進部 課長 本宿圭太

講演:第1プログラム ニフティ株式会社 SMB事業推進部 課長 本宿圭太
            「全国の中小企業の経営者・WEB担当者アンケート発表」
   第2プログラム 株式会社ホワイトボード 代表取締役 橘田孝一
            「課題に応じた制作会社の選定ポイントと活用法」
   第3プラグラム 株式会社クラウドワークス エンタープライズ事業部 山上陵太
            「少ない予算で大丈夫!クラウドソーシングの活用法」
   Q&A座談会

無料ホームページ診断&個別相談会:
   株式会社タブコード 代表取締役 鈴木智昭
   Creative Flake クリエイティブディレクター 川島なつ美
   株式会社クラウドワークス エンタープライズ事業部 山上陵太
   株式会社ホワイトボード 代表取締役 橘田孝一
   株式会社アーシタン 取締役 濱田真澄

(敬称略・順不同)

th_002-1.jpg30名以上の方にご来場いただきました。 


 

第1プログラム
全国の中小企業の経営者・WEB担当者アンケート発表

まずは、中小企業が抱えるWEB販促の課題について、当サイトの運営責任者・本宿より、昨年11月に実施した調査結果のレポートを発表。

th_003.jpg「全国の中小企業の経営者・WEB担当者アンケート発表」(ニフティ株式会社/本宿)

  • 中小企業におけるWEB販促の実態
    「あなたの会社は、WEB販促をビジネスで活用できていますか」との質問では、「活用できている」と答えたのがわずか18.0%。中小企業のWEB販促が思った以上に進んでいない現実が浮き彫りになった。

 

  • 課題1 成果がわからない/何をしたらよいかわからない
    WEB販促活動を実施する上で、施策の期待効果が検討・把握出来ておらず、実施に踏み切れないという根本的な問題を抱えている企業が多い。販促活動という意味では、WEBもチラシと一緒。目的、期待する成果、予算を明確にすることで、専門家への相談の精度が上がるはず。 

 

  • 課題2 WEB担当者の相談相手がいない
    中小企業のWEB担当者は1名であることが多く、社内に知見が貯まっている企業は少ない。WEBを作成した制作会社に相談してみるのがおすすめ。最近のWEB制作会社には制作スキルだけではなく、WEB上で業績を伸ばすノウハウがある。頼もしいパートナーになってくれるはず。

 

  • 課題3 予算がない
    半数以上の企業が「予算がない」と回答。これは、どんな施策でどんな期待効果が得られるのかが把握出来ていないことが原因では。制作会社と相談しながらPDCAを回したり、クラウドソーシングを活用してコストダウンを図るなど、いずれにせよスモールスタートでのトライアルが大切。

 

第2プログラム
課題に応じた制作会社の選定ポイントと活用法

th_004.jpg「課題に応じた制作会社の選定ポイントと活用法」(株式会社ホワイトボード/橘田さん)

株式会社ホワイトボードの橘田氏は、「課題に応じた制作会社の選定ポイントと活用法」と題した内容で、ユーモアを交えて熱い講演を展開しました。

  • 予算の配分について
    WEB販促における予算は、「ナニ」に「いくら」分配するかにより決まる。まずは目的の明確化・目標の具現化をした上でプロジェクト内容を定め、実現方法の決定、自社不足事項の洗い出し、業者選定・見積り取得と進めて予算の分配が行われる。
     
  • 制作費を安く抑えるポイント
    まずは「企画」「マーケティング」「デザイン」など、どこに予算を多く割くのか、力を入れるべきポイントを決めること。その上で自社のリソースを分析し、自社できることは自社で行うスタンスを明確にすることが大切。そしてチーム内でのミスコミュニケーションを防ぐために「何ができたらゴール(リターン)か?」「何を削って何を残すか?」の意識を共有する。

  • 制作会社選びのポイント
    候補となる会社の選定では、経営方針やブログを読む。制作会社は中小規模のところが多く、経営者の経歴は社風に大きく影響する。その上で制作会社に会うが、予算感を伝えることと、自社が重視していることに対する実績を示してもらうことが重要。そのためには提案依頼書(RFP)を用意し、「目的」「得たい成果」「予算」「納期」などをできるだけ明確記載する。これには「この会社は侮れない…」と制作会社に感じさせる意図もある。 

 

第3プログラム
少ない予算で大丈夫!クラウドソーシングの活用法

株式会社クラウドワークス エンタープライズ事業部 山上氏からは、オンライン上で個人のリソースをシェアするという「クラウドソーシング」について、その実態と有効な活用方法を解講演いただきました。

th_005.jpg「少ない予算で大丈夫!クラウドソーシングの活用法」(株式会社クラウドワークス エンタープライズ事業部/山上さん) 

  • 2016年はシェアリングエコノミー元年
    宿泊所、服、交通手段といったモノやサービスをオンライン上でシェアする「シェアリングエコノミー」と呼ばれるサービスが海外から続々上陸。そのうちの一つ、クラウドソーシングは、企業が「人材」を所有ではなくシェアするという考え方である。クラウドワークスには発注者となる企業が約10万社、受注者となる主に個人が約75万人集まっており、その職種も188種類と多様化している。

  • クラウドソーシングのメリット
    大きなメリットの一つが「効率的にコストダウンできる」点。最短15分というマッチングの早さ、代理店や制作会社と比較した場合の低価格といった時間的・予算的な削減が図れる。また募集形式の発注になるため、案件自体が多くの技術者や制作者を巻き込んだ「企画」となるオープンな場であることも魅力(事例:大塚食品と共同開催した「ボンカレー」キャッチコピーコンペ)。

  • クラウドソーシングの課題
    一方で、「望んだレベルのスキルを持つ人材に出会えない」「応募が多すぎて対応できない」「発注者・受注者間の契約が不明確」などの課題もある。それに対して、クラウドワークス社では評価の高い受注者の「見える化」や大量の応募を管理するディレクション業務の代行、契約規定の策定などで今後対応していく予定とのこと。

 

お互いの真剣味が伝わる、白熱の座談会Q&A

休憩を挟んでの後半は、前半の講師2名に株式会社タブコードの鈴木智昭氏、Creative Flakeの川島なつ美氏が加わり、参加者からの質問に答える時間が設けられました。

th_006.jpg会場からの質問にWEBの専門家が回答。 

「WEB販促の目的があやふやで、何をしたら良いのかわからない…」という質問に対しては、川島氏が「はっきりとした目的を伝えるのが理想だが、まずは制作会社にザックリとした相談をしてみるのもアリ。相談過程のコミュニケーションの中からアイデアが見つかることもある」と回答しました。

th_007.jpg「相談過程から生まれるアイデアもある」(Creative Flake/川島さん)

「海外向けのサイトを作る場合の注意点は?」との質問には、橘田氏が「日本在住の外国人向けなのか、海外在住の外国人向けなのかを明確にすること。また自分がビジネスをしたい国での販促の実績があるのかを制作会社に聞くことが大切」とアドバイスしました。

th_009.jpg「(ひとくちに「海外」ではなく)ビジネスがしたい国に実績があるかが大事」(株式会社ホワイトボード/橘田さん)

「デザインコンペで良いものを選ぶコツは?」という質問では、鈴木氏が「迷った時は、個人の好みや感覚ではなく、事前に決めた目的やターゲットに合っているか?を軸に考えて決めるべき」と語り、参加者の共感を得ていました。

th_008.jpg事前に決めた目的やターゲットが大切」(株式会社タブコード/鈴木さん)


ここで全体のセミナーは終了。さらに今回参加した講師や『@nifty WEB販促の窓口』のパートナー制作会社による無料・個別相談会が行われました。

どのテーブルでも参加者が現在の自社サイトを画面で見ながら、今抱えている悩みや今後の対策などを真剣に聞き、長時間にわたる具体的なアドバイスが繰り広げられました。

th_010.jpg無料ホームページ診断&個別相談会

いかがでしたか。今回の参加を逃した方もご心配はいりません。
今後もこのような形式のセミナーは随時開催していく予定です。

資料は下記リンクよりご参考ください。

WEBサイトリニューアル 提案依頼書(RFP)例

 


次回の開催にも、ぜひご期待ください!

最新版のセミナー情報はこちら

「WEB販促の窓口」は御社に最適なWEB制作会社を無料でお探しします 詳しく見る